國立大學法人名古屋工業大學

文字サイズ
検索

就職?キャリア?學生生活

ホーム > 就職?キャリア?學生生活 > 名工大キャンパスニュース一覧 > 工學専攻社會工學系プログラムの橫田 太志さんが第43回コンクリート工學講演會年次論文奨勵賞を受賞しました。

工學専攻社會工學系プログラムの橫田 太志さんが第43回コンクリート工學講演會年次論文奨勵賞を受賞しました。

2021年09月06日掲載


受賞者

工學専攻社會工學系プログラム 伊藤 洋介研究室

橫田 太志

受賞名

第43回コンクリート工學講演會年次論文奨勵賞

コンクリート工學年次大會2021(名古屋)

受賞の內容

「粗骨材に電気爐酸化スラグを用いたコンクリートの高溫加熱後の力學的特性」

近年、コンクリート骨材として産業副産物である電気爐酸化スラグの利用が期待されています。しかし、電気爐酸化スラグを粗骨材として用いたコンクリートの高溫加熱後の力學的特性についての知見はありません。本研究では電気爐酸化スラグ粗骨材を用いたコンクリートの高溫加熱後の力學的特性について実験を行い、加熱溫度500℃以降で力學的特性が大きく低下することを明らかにしました。

図.jpg

今後の抱負

このような素晴らしい賞を受賞できたこと、大変光栄に感じております。日頃から熱心にご指導いただきました伊藤洋介準教授、河辺伸二教授をはじめ、実験に協力をしてくれた研究室のメンバーに深く感謝いたします。この賞を勵みに、今後とも日々努力をしていく所存です。

pic.jpg

ページトップへ

兰心大剧院电影在线观看-兰心大剧院电影百度云资源