國立大學法人名古屋工業大學

文字サイズ
検索

就職?キャリア?學生生活

ホーム > 就職?キャリア?學生生活 > 名工大キャンパスニュース一覧 > 工學専攻生命?応用化學系プログラムの畠山 拓樹さんが日本セラミックス協會第34回秋季シンポジウム特定セッション「先進バイオマテリアル」 特定セッション學生優秀発表賞を受賞しました。

工學専攻生命?応用化學系プログラムの畠山 拓樹さんが日本セラミックス協會第34回秋季シンポジウム特定セッション「先進バイオマテリアル」 特定セッション學生優秀発表賞を受賞しました。

2021年09月24日掲載


受賞者

工學専攻生命?応用化學系プログラム 春日 敏宏研究室

畠山 拓樹

受賞名

日本セラミックス協會第34回秋季シンポジウム特定セッション「先進バイオマテリアル」

特定セッション學生優秀発表賞

日本セラミックス協會

受賞の內容

「ホウ酸イオン含有培地中でのマクロファージの応答性」

體內に埋入した生體材料から溶出する無機イオンは、骨形成に様々な影響を與えることが知られています。近年、材料埋入に対する免疫細胞の免疫応答も骨形成に重要な役割を示すことが明らかとなっており、これを用いることで骨疾患を効果的に治療できると期待しています。本研究では、ホウ酸イオンに刺激された免疫細胞が間葉系幹細胞の骨形成に與える影響を調査しました。その結果、比較的高濃度のホウ酸イオンに引き起こされた免疫応答が、間葉系幹細胞の分化や石灰化を促進することが明らかとなりました。

図.jpg

今後の抱負

この度はこのような賞を頂き、大変光栄に思っております。日頃からご指導いただいた春日先生、小幡先生および研究室の皆様のお力添えに深く感謝申し上げます。今後も、研究分野のさらなる発展に貢獻できるよう、研究活動に勵みたいと考えております。

photo.jpg

ページトップへ

兰心大剧院电影在线观看-兰心大剧院电影百度云资源