國立大學法人名古屋工業大學

文字サイズ
検索

情報公開?提供

ホーム > 情報公開?提供 > その他の情報 > 名古屋工業大學教職員へ兼業を依頼する方へ

名古屋工業大學教職員へ兼業を依頼する方へ

本學の教職員については、國立大學法人名古屋工業大學職員就業規則第32條により、兼業(本學の職務以外の業務)に従事することは制限されております。ただし、國立大學法人名古屋工業大學職員兼業規程および國立大學法人名古屋工業大學兼業許可基準の規定により、學長の許可を得た場合に限り、兼業に従事することができることになっています。

本學の教職員に兼業の依頼をされる場合には、兼業先機関様には事前に兼業依頼狀(様式任意)をご提出いただいているところですが、平成27年4月1日以降に開始される兼業の依頼については、以下の「兼業依頼手続き」のとおり、本學指定の依頼狀を使用し、手続きをお願いいたします。

なお、営利企業の役員の兼業については手続きが異なりますので、兼業従事開始日の3か月前までに下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

兼業依頼手続き

① 依頼狀について

本學教職員に兼業を依頼される際には、記入例を參考に「兼業依頼狀(兼業許可申請書?許可書)」に必要事項を記入し、人事課労務係(下記「お問い合わせ先」を參照ください。)まで送付ください。郵送?メールいずれの方法でお送りいただいても構いません。

  • ※兼業依頼狀への押印は不要です。
  • ※兼業期間が2年を超える場合、任期が明記された法令、定款、規程、要綱等を添付して下さい。
  • ※兼業先機関様のご都合により本學指定の依頼狀をご使用にならない場合は、內容が兼業依頼であることをメモ添付等によりご連絡ください。特に、依頼狀の件名を「出張依頼」とされる際には、必ず內容が「兼業依頼」であることをご連絡ください。

② 依頼期限について

原則として、兼業従事開始日の1か月前までに依頼狀をお送りください。

期日を遡ってのご依頼に関しましては許可できかねますので、その場合は本學での許可日を従事開始日とさせていただきます。必ず事前にご依頼くださいますようご協力をお願いいたします。

③ 本學からの承諾書について

兼業依頼に関しまして、本學として差し支えない旨を記した承諾書は、兼業先機関様がとくに必要とする場合を除き、原則としてお送り致しませんので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

なお、本學からの承諾書が必要な場合は、承諾書の所定様式を依頼狀とともにお送りください。所定様式がない場合には、上記の「兼業依頼狀(兼業許可申請書?許可書)」の許可欄に文書番號と許可日を記載したものの寫しを、メールにてご擔當者様にお送りします。

承諾書、許可書等は原則押印省略とさせていただきます。學長印を押印したものが必要な場合は、その旨ご連絡ください。

また、承諾書原本の郵送をご希望の場合は、送付先を記載した返信用封筒をお送りください。

本學教職員が學長の許可を得ることなく兼業に従事することはできません。兼業先機関様におかれましては兼業依頼狀の送付につき遺漏のないよう、重ねてお願い申し上げます。

お問い合わせ先

本學の教職員への兼業依頼に関するお問い合わせは、下記擔當係へご連絡ください。

連絡先 〒466-8555
名古屋市昭和區御器所町
國立大學法人名古屋工業大學
人事課労務係
電話番號 052-735-5014
FAX番號 052-735-5015
E-mail roumu
※アドレスの末尾に「@adm.nitech.ac.jp」を補完してください

ページトップへ

兰心大剧院电影在线观看-兰心大剧院电影百度云资源